読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出は銀の弾

ひよっこエンジニアが調べたことや経験したことをまとめます!

知っておくと嬉しい、ネットワークの技術用語(その2)

ルーティングプロトコル

BGP

Border Gateway Protocolの略で、AS間の通信交換のために作られたプロトコル

BGPはTCPポート179番を利用して通信を行います。BGPルータはピアを確立するために、メッセージと呼ばれる形式で機能情報を交換します。メッセージはBGPの状態により数種類存在します。ピアが確立した後は、経路情報を伝達するためのメッセージを定期的に交換し、お互いの持つ経路情報を保持、更新し続けます。 BGPではピアを確立するルータが同じAS間である場合と、異なるAS間である場合とで異なる方式で経路情報を処理します。同じAS間でのピアをiBGP(内部BGP)ピアと呼び、異なるAS間でのピアをeBGP(外部BGP)ピアと呼びます。

EIGRP

EIGRP(Enhanced IGRP)はCisco独自のIGRPを改良した、クラスレスの拡張ディスタンスベクタプロトコルです。 EIGRPでは、クラスレスルーティング、VLSMのサポート、手動集約、ルーティング認証、マルチキャストによる 差分アップデート、DUALを使用したIGP一番の高速収束、レイヤー2でのシームレスな接続、リンクステートの 特性といえるHelloによるネイバー検出と隣接関係の維持、ルーティングのループフリーなどが実現されており、 Cisco製品だけで構成された小規模、中規模ネットワークにおいては最も適した IGP と言えることができます。

OSPF

OSPF(Open Shortest Path First)は、ルーターやレイヤー3(L3)スイッチがパケットの転送先を動的に決定するためのルーティングプロトコルの一種である。主に中・大規模ネットワークで使う。  L3スイッチでOSPFを動作させると、ネットワークの経路情報(LSA)を他のL3スイッチとやり取りし、ネットワーク構成図(トポロジーマップ)を作る。その構成図から最適経路を判断し、パケットの転送情報であるルーティングテーブルを作成する(図)。L3スイッチはこのルーティングテーブルを見てパケットを送る。

RIP

RIP(Routing Information Protocol)は、IP用のルーティング・プロトコルとして、非常に古くから使用されています。このプロトコルは、UDPのブロードキャスト・データ・パケットを用いて、経路情報を隣接ルータにアナウンスします。この中には、「メトリック」と呼ばれるあて先ネットワークまでのディスタンスを表す情報(ルータのホップ数)が含まれており、ルータを超えるごとに1つずつ加算されます。RIPは、このメトリックを利用してネットワーク・トポロジを把握するため、「ディスタンス・ベクタアルゴリズム」に基づいたルーティング・プロトコルと呼ばれています。RIPでは、メトリックがより少ない経路情報が最適経路として使用されます。最大メトリックは15となっており、これを超えた場合は到達不能と見なされます。RIPでは、これらのすべての経路情報を30秒周期で隣接ルータにアナウンスすることにより、情報の更新を行います。

セキュリティー

ARPキャッシュポイズニング

ARPキャッシュを悪用した盗聴方法の一つです。 具体的には、下図のようにARPによる問い合わせがあった際にMACアドレスを偽った応答を相手に返送することで誤った内容を記録させ、以降、本来の宛先とは異なる宛先にデータを送信させようとします。

802.1X認証

IEEE802.1xとは、有線LANや無線LANで使用される認証について規定したプロトコルです。このIEEE802.1Xに対応したLANスイッチのポートでIEEE802.1Xが有効な場合、そのポートにPCなどを接続してもすぐにLAN接続が行われることはなく認証された機器のみが接続されます。IEEE802.1Xは検疫ネットワークでは中核の技術です。